>  >  >  > Kool & the Gang

Kool & the Gang

(クール・アンド・ザ・ギャング)

60年代末期のスライ・ストーンの作品からインスピレーションを受けた多くのグループ同様、70年代に全盛したクール&ザ・ギャングもスライ・ストーンのようなファンクを土台とした、さらにはジェイムズ・ブラウン風のディープなソウルを加えたサウンドを繰り出した——つまりはかけ値なしの生粋のパーティ・バンドである。
彼らの最大の魅力は、なんといってもその迫力満点のホーン・セクション。彼らと比肩できるテクニックを有し、またなんともグルーヴィな演奏を誇ったのは、唯一ジェイムズ・ブラウンのバック・バンドとしても活躍したJB’sぐらいだったのではないか。
彼らの代表曲——「ファンキー・スタッフ」、映画『パルプフィクション』(クエンティン・タランティーノ監督)にも挿入された「ジャングル・ブギー」、メロウな「ノース,イースト,サウス,アンド,ウェスト」など——は、どれも重厚なベース・ラインとワウワウ・ペダルがうなる、ビートの効いた作品である。
79年、ポップ・ヴォーカリストのジェイムズ”J.T.”テイラーを新メンバーとして迎え入れたのをきっかけに、より多くのリスナーを掌握することに成功。80年代前半には「レディース・ナイト」、「トゥ・ホット」、「チェリッシュ」、「フレッシュ」、そして「セレブレーション」といったナンバー群がチャートを嵐のように急襲し、記録的大ヒットの山を築き上げた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版