>  >  >  > Kingdom Come

Kingdom Come

(キングダム・カム)

80年代後半に賛否両論を巻き起こした問題グループ。なぜなら彼らのサウンドが、あまりにレッド・ツェッペリンに酷似していたためだ。
西ドイツ出身のヴォーカリスト、レニー・ケイを中心に結成されたキングダム・カムは、88年にデビュー。ロバート・プラントばりの歌唱を聴かすレニーとツェッペリン風のハード・ロックをフィーチャーした1作目『Kingdom Come』には注文が殺到し、あっという間にゴールド・ディスクを獲得。と同時に、ミュージシャンや評論家の間でも反響は凄まじく、中でもゲイリー・ムーアは「レッド・クローン」という曲を作って彼らを非難した。
そうしたこともあってか2nd以降は失敗が続き、メンバーも次々に離脱。現在も活動を続けているが、レニー・ケイのソロ・プロジェクト色が強いようだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版