>  >  >  > Kenny Dorham

Kenny Dorham

(ケニー・ドーハム)

ケニー・ドーハム(本名マッキンリー・ハワード・ドーハム)は、24年8月30日、米テキサス州フェアフィールドに生まれた。高校でトランペットを身につけた彼は、40年代後半にはライオネル・ハンプトンやディジー・ガレスピー、ビリー・エクスタインらと共に数々のビッグ・バンドに在籍。当初は、”Kinny”(本名Mckinleyの略)として知られていた(レコード・クレジットもそのように記されている)が、あまりにも綴りを間違える人が多かったため、よりポピュラーな”Kenny”に変更したという。
48年にチャーリー・パーカーのクインテットにマイルス・デイヴィスの後継者として参入し、54年にはアート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズにジョイン。また、マックス・ローチやソニー・ロリンズ、チャールス・ミンガスといった個性派プレイヤーらとの共演経験もある。50年代半ば以降は、ザ・ジャズ・プロフェッツを始め自身のグループを率いることが多くなったが、ジョー・ヘンダーソン、ハーブ・ゲラー、ジャッキー・マクリーンとのコラボレイトも敢行されている。
ビバップ・トランペッターの第一人者として認識されることが多いケニー・ドーハムだが、様式的にはジャズやブルースのルーツも強く感じさせる。そこが彼の情緒に満ちたプレイの要因でもあるのではなかろうか。世界中のミュージシャンから称賛を受けた名ミュージシャンでありながら、何故か一流ミュージシャンとしてはあまり名が挙がらないのは残念だが、『QUIET KENNY』(59年)、『WHISTLE STOP』(61年)、『TROMPETA TOCCATA』(64年)など名盤多数である。
72年12月5日にN.Y.で逝去。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版