>  >  >  > Ken Stringfellow

Ken Stringfellow

(ケン・ストリングフェロウ)

誰が何と言おうと史上最強のパワー・ポップ・バンド、ポウジーズの片割れケン・ストリングフェロウ。ビッグ・スター/REM/チャリオット/ファストバックス/ラグワゴン/the Orange Humble Band など、”弦友達(ストリングフェロウ)”という名前どおり数々のバンドに参加している。
また、97年にはソロ・アルバム『This Sound Like Goodbye』を発表。宅録作品ながらお気楽な雰囲気はなく、麗しの美メロと共に彼の切ないヴォーカルを助長する寂しげな作品となった。
98年のアルバム『サクセス』を最後にポウジーズは解散(これには諸説あるがジョン・アウアーとともにアコースティック・ライヴは行っている模様)。現在では新バンド、ソルティーンを率いて活動している。
アメリカ・オルタナ界で、彼以上の哀愁メロを生み出せる人物はなかなかいない。ここでそう断言させていただく。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版