>  >  >  > カシオペア

カシオペア

(カシオペア)

和食と洋食ドッチが好き? 日本フュージョン界の東西両横綱である、T−スクェアとカシオペアの違いはそんなトコロだ。スクェアはロック/ポップス色が強く、日本人の大好きなメロディのオン・パレード——例えるなら“和”。対する“洋”のカシオペアは、海の向こうのフュージョン色が強く「はい、コレがフュージョンです」と菓子折りに詰めて出したいぐらいのサウンド。実際、デビュー・アルバム『カシオペア』(79年)では、ブレッカー・ブラザーズをゲストに迎えているが、全く違和感がない。また、実力が認められ、82年にはリー・リトナー(g)/ドン・グルーシン(key)/ネーザン・イースト(b)/ハービー・メイソン(dr)という超一流ミュージシャンとの共演が実現。その模様は『フォー・バイ・フォー』におさめられている。
当然、メンバー陣はテクニシャン揃いだ。16分/32分音符レベルで緻密に計算された音楽の中にも、チャンと余裕/遊び心が感じられるのが嬉しい。彼らはジャパニーズ楽器小僧の羨望の眼差しを集め、名曲「ASAYAKE」(82年)のイントロは、当時のギター小僧がこぞって掻き鳴らした。また、ドラムの神保彰はアメリカのドラム雑誌『Modern Drummer』の表紙を飾るほどであった。
いろいろと人の入れ代わりもあったが、現在では、野呂一生(g)/向谷実(key)/鳴瀬喜博(b)/神保彰(dr)というメンバーで活動。シーンの衰退と共に人気も下火になっているが、30代の楽器狂いオジサン(笑)を中心に、コアなファンは未だ多い。——ワシも願う。愛すべき80年代サウンドよ、よみがえるのじゃ!

カシオペアの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版