> Julia Fordham

Julia Fordham

(ジュリア・フォーダム)

その透き通るような歌声と、清楚なルックスでデビュー当時から確固たるポジションを築いていたジュリア・フォーダム。彼女の音楽は、シャーデーやエイミー・マン、レイシー・ソーンのように、深い苦しみや失った恋への悲嘆を歌ったものが多い。そんな彼女の最高傑作は深遠な森のような世界観をつくった、89年のアルバム『ポーセリン』だろう。ここで堪能できる歌声は、ある種のヒーリング効果や催眠作用を放っている。また、97年に発表された『イーストウェスト』では、スティング調の洗練された音作りは削ぎ落とされ、シンプルな歌とギターだけの構成という大きな変化をみせた。ここ最近はよりナチュラルな方向へと音作りを進めているようだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版