> John’s Children

John’s Children

(ジョンズ・チルドレン)

マーク・ボランが在籍していたことでも知られたビート・バンドだが、ヤードバーズを手掛けたことで有名な敏腕マネージャー、サイモン・ネピア・ベルによって“作られた”グループでもある。メンバーの音楽的技量に?が残るところもあるが、R&Bを基調にしつつ当時流行のサイケデリックを取り入れ、ワイルドに展開していくサウンドは、今聴いても単純にカッコいい。
特筆すべきは「But She’s Mine」。ザ・フーの「キャント・エクスプレイン」をそのまま拝借したこの曲では、ゲスト参加したジェフ・ベックのギターが暴れまくる。必聴!!

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版