> Johnny Mathis

Johnny Mathis

(ジョニー・マティス)

ロックンロール黎明期——グリース・ヘアの若者はみな、初デートのBGMにジョニー・マティスを選んだものだ。彼らの一世代上の兄たちは、より暗くジャズ寄りのシナトラやナット・キング・コールを好んだが、若者たちは明るくグロッシーなマティスのスタイルを選んだのだ。
ベイエリア出身の彼は、古き良きコロムビア・レコードの最後の流行歌手で、鮮やかなテノールで複雑な感情を温かく歌い上げ、ポップ・チャートを征服した。マティスは60年代にわたって一連のアルバムをヒットさせ、ソフト・ロックの70年代には若いファン層のおかげでサラ・ヴォーンのようなアーティストよりも人気をキープすることができた。
今日でも彼はコンサートの大きな呼び物となっており、50年代に人々を熱狂させたスタンダードから成るアダルト・コンテンポラリー・アルバムもリリースしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版