> John Scofield

John Scofield

(ジョン・スコフィールド)

ジャズ・ファンクの先駆者ビリー・コブハムと組んでいた時期や、マイルス・デイヴィスのもとでフュージョンの名盤を作った80年代、そして後のソロ・アーティストとしてのキャリアを通じて、ジョン・スコフィールドは数多くの凄腕サイドメンに助けられ、個性的なサウンドを作り上げてきた。時と共に彼のスタイルはシンプルなものになっていき、初期の複雑なスタイルからよりブルージーでファンキーなノリを追求する方向に向かった。多くのギタリストが際限なく8度音程を羅列すること(オクターブ奏法)で自己を表現する中、スコフィールドはコードからコードへとつながる音を探り当てることで自己主張を行う。また一方で、信じがたいほど軽やかに、速いビバップのフレーズをその指先から迸らせることもできる。彼の、ビートの裏を打つ独特なリズムのフレージング、トレードマークとなったコーラスのエフェクト、そしてセミ・アコースティック・ギターのサウンドは何千人ものギタリストたちに影響を与えてきた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版