> Joan Osborne

Joan Osborne

(ジョーン・オズボーン)

95年『レリッシュ』でデビューを果たした、ジョーン・オズボーン。当時は、女性ヴォーカル・アーティストが脚光を浴び、女性上位時代を示唆するような風潮が漂っていた。そんな中、ブルース/R&B/ソウルなど黒人音楽の土着的なテイストをふんだんに取り入れ、情緒感あふれる音の世界を呈示したのが彼女である。セクシュアリティや宗教的な精神世界を描き出した詞、渋みの効いたヴォーカル、終始ブルージーに展開されるナンバー、そのすべてが人間臭く訴えかけてくる。また、ロブ・ハイマン、エリック・バジリア、リック・チャートフといったフーターズ人脈の全面バックアップが、ソリッドな音作りに大きく貢献しているのも見逃せない。
00年、実に5年ぶりとなるアルバム『Righteous Love』をリリース。深みを増した音と歌声が、切実に胸に響く。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版