> Jo-el Sonnier

Jo-el Sonnier

(ジョ・エル・ソニア)

Jo-el Sonnierは3歳の時からアコーディオンの演奏を始め、さらにわずか6歳で、ラジオでの演奏の機会に恵まれた。商業的には成功しなかったが、Jo-el Sonnierがケージャン・ミュージックの王様であることを否定できるカントリー・ミュージシャンは誰いないだろう。セッション・アーティストとして引っ張りだこのJo-el Sonnierはハンク・ウィリアムズ、リッキー・スキャッグス、ジョニー・キャッシュ、エミルー・ハリス、エルヴィス・コステロ、そしてフライング・ブリトウ・ブラザーズなどのアルバムでも演奏している。自身のアルバムのサウンドはケージャン、R&B、ギターの弦をつまびく古きアメリカ音楽、そしてナッシュヴィルのしゃれたカントリーの素晴らしいブレンドとなっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版