> JJ72

JJ72

(ジェイジェイセブンティトゥー)

漆黒に白く刻まれた「JJ72」の文字。鮮やかな色彩を帯びるでもなく、絶対的な熱量をたたえているわけでもないその文字を紐解いた途端、圧倒的な”音楽の美”が訪れるとは誰が想像しただろう——それはデビュー・アルバム『JJ72』(00年)のジャケットだ。
00年、突如としてUKシーンに舞い降りたJJ72(ジェイジェイセブンティートゥー)。女性と聴き紛うほどのファルセット・ヴォイスを有するマーク・グリーニー(vo&g)を中心に、ヒラリー・ウッズ(b)、ファーガル・マシューズ(dr)からなる3人組だ。UKロックの真髄である繊細・美麗なメロディを携え、さらには静かなるエモーションの高揚を放つソングスは、彼らを一躍UKロック・シーンの救世主に押し上げた。
20世紀末——メディアは数々のバンド救世主に仕立て上げようとしたが、その状況もこのバンドの登場によって一応の終止符を打ったといえるだろう。そして、このバンドが新世紀のUKシーンの一翼を担いながら活躍していくことは誰もが疑わない事実なのだ。

JJ72の関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版