>  >  >  > 近藤房之助

近藤房之助

(コンドウフサノスケ)

日本では数少ない本格派ブルース・シンガーである。76年京都にて、ブレイクダウンを結成。ブルース、ルーツロック、R&Bなど黒人音楽の影響が濃厚な4枚のアルバムを残し、86年に惜しくも解散。90年には、全編ブルース一色に染まった実に味わい深いアルバム『ハート・オブ・ストーン』でソロ・デビューを果たす。また同年、企画バンド「B.B.クィーンズ」に参加、人気テレビ・アニメの主題歌にもなった「踊るポンポコリン」をリリースする。この老若男女愉しめる高性能なパーティー・ソングは超絶的なセールスを記録し、その年の日本レコード大賞をも獲得するに至った。近藤房之助は、コミカルなキャラクターを売りにした芸能界的な活動と、コアなファンをつかんで離さないディープな音楽活動の両立に成功している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版