>  >  >  > 榎本くるみ

榎本くるみ

(エノモトクルミ)

81年10月17日生まれ、名古屋出身のシンガー・ソング・ライター。自分のこと、自分の思うことを丁寧に描く詞の世界は、“奇跡の歌声”と称されるその力強くやさしい歌声と共に聴く者の心を強く揺さぶる。

06年4月に<フォーライフミュージックエンタテイメント>より「心のカタチ」でメジャー・デビューした彼女は、デビュー・シングル「心のカタチ」、2ndシングル「打ち上げ花火」で地元名古屋のFM局ZIP FMのチャートで連続して3位を記録、さらに3rdシングル「RAINBOW DUST」は、同チャートで1位を記録。TBS系ドラマ『スイーツドリーム』主題歌にも抜擢される。

4thシングル「愛すべき人」は、FM802(大阪)やTOKYO FM(東京)など、各地FM局にてヘビーローテーション。さらにテレビ朝日『ミュージックステーション』、フジテレビ『めざましテレビ』でも注目アーティストとして取り上げられ、その独自の世界観は多くの人を魅了していく。「愛すべき人」をテーマに、フジテレビドラマ制作班が、ミュージック・ドラマを製作(監督:中江功)しネット配信でアクセスが殺到したのもこの頃。

07年5月、待望の1stアルバム『NOTEBOOK I 〜未来の記憶〜』を発売。同年秋には、「リアル/She」「夕陽が丘/みんな元気」のシングルを2作連続リリース。シングルが有線チャート上位に長期間ランクインするなか、アルバムもロングセールスを記録する。

08年2月には、シングル「未来記念日」を発売。TBS系『CDTV』エンディングテーマに起用される。
同年7月に、毎月三軒茶屋 グレープフルーツムーンを中心に定期的に開催していたアコースティック・ライヴを拡大し、恵比寿リキッドルームにて『アコースティックワンマンライブスペシャル2008』を開催し、チケットは瞬時完売の大成功を収める。
8月には『ROCK IN JAPAN FES.2008』にも初出演、10月には、映画『イエスタデイズ』(11月全国公開/監督:窪田崇、主演:塚本高史・國村隼)の主題歌として書き下ろしたニュー・シングル「イエスタデイズ 〜大切な贈りもの〜」をリリース。
11月、「冒険彗星」がオリコンデイリーランキングにて6位、ウィークリーランキング10位を記録、テレビ朝日『ミュージックステーション』へも出演。
露出・リリースが一気に増え、榎本くるみの名が広く知れ渡ったところで09年1月21日(水)シングル5作を含む2ndアルバム『NOTEBOOK II 〜冒険ノート中〜』をリリース。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版