> Jam & Spoon

Jam & Spoon

(ジャム・アンド・スプーン)

90年代ジャーマン・トランス全盛期に最も活躍したユニット、ジャム&スプーン。92年にリリースした「Stella」が世界的な大ヒットを記録し、一躍トランス・テクノ界のトップ・スターにのし上がる。アンビエント調の流麗なメロディとエモーショナルなヴォーカルが美しい、同年の名作「Right In The Night」は、オリジナル・ヴァージョンの他にも、異なるヴァージョンを数年おきに発表。99年には、ベルリンのウエスト・バムやロンドンのトール・ポールといったトップDJたちがリミックスを手掛け、再び話題を巻き起こした。次回はいつでしょう。——ちなみに、オリジナル・ヴァージョンのヴォーカルは、今は無きRHC(ライジング・ハイ・コレクティヴ)の女性シンガー、プラヴカが務めていた。
彼らはソロ活動も展開しており、マーク・スプーンはDJとしてドイツ/ヨーロッパ各地のレイヴ/パーティで活躍。ベルリンで毎年夏に行われる、世界最大の野外レイヴ<Love Parade>において、メイン・アクトを務めるほどの高い人気を誇っている。

Jam & Spoonの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版