>  >  >  > IWAO

IWAO

(イワオ)

ウクレレ奏者として知られる彼だが、実は活動開始はシンガー・ソングライターとして89年にアルバム『開戦前夜』でデビューし、本名の山口岩男を名乗っていた。その後、コンスタントにアルバム制作を続ける中、4thアルバム『I AM A ROCK』を発売した92年に、偶然出会ったウクレレの魅力にはまり、同年、ツアー・メンバーのギタリストであった西川進とガンススを組みシングル「ウクレレクリスマス」をリリースする。この曲がきっかけとなり、ハワイのウクレレの神様であるハーブ・オオタや、サザンオールスターズの関口和之と知り合い、よりウクレレに傾倒していくことになった。そして、99年に初めてのウクレレ・アルバム『ukulele man』をリリースし、ウクレレ・プレーヤーIWAOとしての道を歩むことになる。00年には現在すでに恒例となっている日本最大のウクレレ・イベント『ウクレレピクニック』の開催をスタートさせるなど、情熱的に活動を続ける。彼はウクレレの可能性を信じ、オリジナル曲からポップス、ロック、ジャズ、ボサ・ノヴァまでジャンルを飛び越えて挑戦し、心を和ませ幸せな気分にさせてくれる優しいサウンドを奏でている。そのサウンドは、夏に聴けばもちろん涼しいのだが、不思議と冬に聴くと暖かいということに気付かされるのだ。それは、ウクレレの楽しさを伝えることにも尽力し、心からウクレレを愛している彼だからこそ可能にしたと言えるだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版