>  >  >  > Ivory Joe Hunter

Ivory Joe Hunter

(アイヴォリー・ジョー・ハンター)

アイヴォリー・ジョー・ハンターのヴェルヴェット・ヴォイスで歌われる甘〜いバラードは土着性が薄く、どちらかというとポピュラー寄りでブルース・ファンからは敬遠されがちだ。しかし初期の録音が発掘されるにしたがって、実はブルースとのつながりが強いと再認識されつつある。それでも彼の真骨頂がスロウ・ナンバーにあることは間違いない。ジェントルで穏やかな歌い口は白人にも受け、カントリー・ミュージックの殿堂、グランド・オール・オプリーにも出演したことがあるくらいなのだ。また魅力的なメロディを書くソングライターとしても一流で、「Waiting in Vain」「Guess Who」「Since I Met You Baby」などで、彼のバラーディストとしての真髄に触れることができるだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版