>  >  >  > Itzhak Perlman

Itzhak Perlman

(イツァーク・パールマン)

現代屈指の名ヴァイオリニスト。現代随一と言っても過言ではないかもしれない。 聴き手を包み込む澄み切った音色、幸福感にあふれた表現、旋律の熟成された美しさ……。クレーメルが個性的な演奏で聴衆を挑発しているのと対照的に、彼は正統的な演奏で温かく聴衆を包み込む。それは、彼の人柄そのもの。明るく屈託のない彼の性格は、いつもまわりに笑いや和みをもたらしている。また、4才の頃にかかった小児麻痺のハンディキャップを乗り越え、苦難の中においても諦めることなくヴァイオリンの勉強を続けた経験にも通じるものなのかもしれない。
言うまでもなく、レパートリーは非常に幅広い。大規模な協奏曲からサラサーテやクライスラーの小品、果てはスコット・ジョプリンや、テノール歌手のプラシド・ドミンゴの歌のオブリガートまでも弾いてしまう。しかもそれらを美しく、叙情的に聴かせてくれるのだ。また埋もれた作品を発掘し、実に新鮮に表現することでも聴衆を魅きつけている。
ユダヤ系の両親のもとに生まれ、3才の時ラジオで聴いたヴァイオリン演奏をきっかけにヴァイオリンを始めた。5才からは奨学金を得てテルアヴィヴの音楽院で学び、10才でイスラエル放送交響楽団と共演、演奏活動を開始する。ジュリアード音楽院を経て、18才でレーヴェントリット国際コンクールで最年少優勝を飾った。
現在は演奏活動のほか、音楽院や音楽祭のマスタークラスで、後進の指導にも当たっている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版