>  >  >  > Isaac Hayesの情報

Isaac Hayesの情報

(アイザック・ヘイズ)

アイザック・ヘイズはデイヴィッド・ポーターと組み、作曲家デュオとして音楽界にデビューした。デビュー後彼は、不滅のレコード・レーベル<STAX>のために「ホールド・オン,アイム・カミン」や「ソウル・マン」のようなビートを効かせたナンバーたちを作り出した。ヘイズがソロ・パフォーマーとして知られるようになったのは、69年に『ホット・バタード・ソウル』をリリースしてから。調和の取れたアレンジメントと猛烈にファンキーなバック・バンドの演奏が光るこのアルバムは、以後に幾度となくサンプリングされるなど、偉大な作品に相応しいだけの賞賛を浴びている。
そんなヘイズのサウンドは、ブラックスプロイテーション・フィルム『黒いジャガー』のサントラがアカデミー主題歌賞を受賞したことで、より多くの人々に知られることに。彼が生んだいわゆる“ベッドルーム・ファンク”路線は70年代末まで続き、その後はディスコ寄りのサウンドへと変遷していった。また、95年のアルバム『ロウ・アンド・リファインド』を聴けば明らかなように、彼は今でも充実した作品を世のなかに送り出すことができる、傑出したパワーを持つアーティストなのだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版