>  >  >  > Ian O’Brien

Ian O’Brien

(オアン・オブライエン)

90年代前期にイギリスで巻き起こった、デトロイト・テクノ・リヴァイヴァルの影響を受けて登場したアーティストは数知れない。そのなかで、最も突出した才能を発揮したのが、イアン・オブライアンである。
彼が脚光を浴びるきっかけとなった1stアルバム『Interigent Desert』(96年)では、アンダーグラウンド・レジスタンスの「〜2〜」シリーズ直系の、ロマンティシズム溢れるテクノ・ジャズを披露。曲名も「マッド・マイク・ディジーズ」と、デトロイト・テクノ界の教祖マッド・マイクに対する偏愛ぶりをみせつけた。2ndアルバム『ジャイガンティック・デイズ』(99年)では、彼のルーツである70年代フュージョン/ファンクの要素を織り交ぜることにより、ダイナミズムを創出。最初はただのマッド・マイク・クローンと思われたが、今やオリジナルを超越し、孤高の宇宙観を生み出しつつある。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版