>  >  >  > House of Pain

House of Pain

(ハウス・オブ・ペイン)

怒鳴りつけるようなラップを見せるエヴァーラスト、畳みかけるようなライミングを得意とするダニー・ボーイ、そして、ハイ・レヴェルなトラック群を作り出すDJリーサル(現在はリンプ・ビズキットのメンバーとして活躍中)からなる白人ラップ・トリオ、ハウス・オブ・ペイン(もとは高校の同級生同士だったとか)。彼らを強烈に印象づけたのは、デビュー・アルバム『ハウス・オブ・ペイン』(92年)からのシングル・カット「ジャンプ・アラウンド」だ。“ジャンプ・アラン!”と激しく連呼されるキャッチーなフックと軽快なトラックがウケ、日本のフロアも大いに沸かせた。また、その後に発表した2nd『セイム・アズ・イット・エヴァー・ワズ』(94年)と3rd『トゥルース・クラッシュド・トゥ・アース・シャル・ライズ・アゲイン』(96年)では、ロサンゼルスを拠点としながらもイーストコースト・フレイヴァーたっぷりの太いサウンドを響かせた。
その熱気溢れる楽曲群で、当初は多くの男性ファンを獲得していたが、楽曲自体にそれほど変化がなかったことでリスナーが食傷気味となったためか、人気は徐々に失速。96年に解散。それ以降はそれぞれソロや別グループでキャリアを積んでいる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版