>  >  >  > 姫神

姫神

(ヒメカミ)

満天の夜空に輝く星、春を告げる雪解けの山鳴り、鳥たちのさえずり、薪が火の中で跳ねる音……姫神を聴いているとこういったイメージがゆっくりと頭の中に溶け出してくる。シンセサイザーという現代的な楽器を使って、自然の鼓動や四季を再現する音楽には、現代人が無くしてしまった何かが、確実に息づいている。そう、それは人が生まれてきたからには、必ずもっているはずの原始の記憶とでもいうべき遺伝子に直接響くような感覚……。縄文人が洞穴の中で聞いたエコー、弥生人が植えた稲が穂をつけ、それが風になびく音、そんな映像が頭の中をフィード・バックしていく。
——「姫神」という名前は、岩手県の姫神山に由来するが、81年より活動を続け、現在までにアルバムを20枚以上リリースしている彼は、テクノロジーを使って自然を再生/保護しようとする世の中の動きを確実に先取りしていたといえるのではないだろうか。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版