>  >  >  > 三波春夫

三波春夫

(ミナミハルオ)

「国民的歌手」——三波春夫ほど、この呼び名に相応しい人物はいないだろう。世界的経済大国への道を歩み始める60年代にっぽん、その傍らにはいつも彼の楽曲があった。「チャンチキおけさ」に「東京五輪音頭」に「世界の国からこんにちは」……。『東京オリンピック』『大阪万博』など当時の記憶を辿る/もしくはそれっぽい映像を目にする度に、我々の頭の中で朗らかな春夫のヴォイス/メロディが勝手に流れ出す。そうパブロフの犬のごとく。——日本人なら皆そうでしょ? だから国民的歌手なのだ。
01年4月、永眠。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版