>  >  >  > Hard-FI

Hard-FI

(ハード・ファイ)

79年に『ロンドン・コーリング』を世界に突き立てたバンド、ザ・クラッシュは、その瞬間から単にパンクという括りでは収まりきらない程大きな意味でのレベル・ミュージックを鳴らすバンドへと変貌していった。パンクはもとより、スカ、レゲエ、ロカビリー、ヒップホップなど彼らは時に批判さえ受けつつも実に様々な音楽の要素を確固たる信念で自らの楽曲に取り込んで入った。そして今、時代を超えUKを中心にそんなクラッシュの精神を想起させるような、パンクに根ざしつつもあらゆる音の要素をミックスしたタイプの新たなるレベル・ミュージックを鳴らすバンドがいくつか登場してきている。デッド60’sやオーディナリー・ボーイズなどと並び、その代表格であると言えるのがこのハード・ファイだ。
メンバーは4人ともにヒースロー近くのゴースト・タウン、ステインズに生まれた。ソングライターのリチャード・アーチャーは、一度コンテンポというバンドでメジャー・フィールドへ行くものの、レコード会社の勝手な都合により契約を切られる事になり、そこで現在のメンバーと出会う。4人は地元の工業用倉庫に機材を持ち込んでレコーディングを開始、ミニ・アルバム『スターズ・オブ・CCTV』が完成する。最初は大した話題にもならなかった彼らだが、しだいにジワジワ噂が噂を呼び、アルバムはロング・セールスを記録、最終的に全英チャートのトップを獲得する事にまで至った。退屈な日常を抜け出すための最高のダンス・ミュージックが、最高に退屈な街から発信されたっていうリアリティは、もうその事実だけでとてつもないドラマだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版