>  >  >  > Hank Crawford

Hank Crawford

(ハンク・クロフォード)

ジャズやブルーズと滑らかなR&Bを融合したハンク・クロフォードの快いサックスは、今日のクロスオーヴァー・ジャズ・シーンに多大なる影響を及ぼしている。彼は駆け出しの頃、メンフィスでマディ・ウォーターズやボビー・ブルー・ブランド、そしてアイク・ターナーらとともに修行をし、その後、本格的に音楽の勉強をするために大学に進んだ。クロフォードが注目を集め始めたのは56年、レイ・チャールズのグループに参加してからのことだった。彼のソウルにどっぷり浸かったバリトンとアルト・サックスの演奏は最高の舞台で披露され、さらに63年までレイ・チャールズのグループの音楽監督も務めた。59年から70年代にかけてクロフォードはアトランティックとCTIで一連のソウル・ジャズ・アルバムをリリースした。これらの作品はデヴィッド・サンボーンやグローヴァー・ワシントンJrなどのラジオに馴染みやすいスタイルに大きな影響を与えた。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版