> Guru

Guru

(グールー)

ギャング・スターではDJプレミアとの素晴らしい名コンビぶりを披露したラッパー、グールー。彼の特徴は、こもった声から繰り出す、もたつくようなラップだ。
93年に、ギャング・スターと平行して課外活動を開始。ドナルド・バードやブランフォード・マルサリスという名うてのジャズ・プレイヤーたちをゲストに招いた『ジャズマタズ(ヒップ・ホップ・ジャズ革命)』を発表し、アルバム・タイトル通り、渋〜い味わいのジャズを絡めたヒップホップを展開した。95年には、続く第2弾『ザ・ニュー・リアリティ〜ジャズマタズ2』をリリース、前作のスタイルを継承。しかし、00年の3rd『ジャズマタズ:ストリートソウル』ではジャズ・ミュージシャンの参加はハービー・ハンコックのみとなり、昨今活躍が著しいR&Bアーティストをフィーチャーした落ち着き感あるヒップホップを作り上げた。ジャズ要素は希薄となったが、楽曲は四の五の言わせぬ完成度を誇っている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版