> Greg Lake

Greg Lake

(グレッグ・レイク)

キング・クリムゾン、エマーソン・レイク&パーマーという二大プログレ・バンドを支えたスーパー・ヴォーカリスト/ベーシスト、グレッグ・レイク。その生き様は、ロッテ〜中日〜巨人とジプシーのごとく渡り歩いた優勝請負人こと“落合博満”にダブる(いい意味でも悪い意味でも)。
ソロとしては、EL&P解散後の82年に『グレッグ・レイク&ゲイリー・ムーア』でデビュー。レイクの荘厳ヴォイスとムーアによる伝統美を兼ね備えたギター・プレイが絡む様は、まさに熟練の極みであった。85年には、カール・パーマー(dr)の代役にコージー・パウエルを起用した(Pつながり)、笑うに笑えない「エマーソン・レイク&パウエル」に参加。コアなプログレ・ファンはすっかり意気消沈したのであった。そして91年、念願のオリジナル・メンバーでの再結成が実現する。しかし、そこにかつての輝きは……もはや言うまでもない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版