> GREAT ADVENTURE

GREAT ADVENTURE

(グレイト・アドヴェンチャー)

04年11月、カサビアンのオープニング・アクトとして突如現れたナゾの男3人衆。その場において、彼らは歌いながらギター、ベース、ドラムス、さらにシンセサイザーやサンプラーなどを駆使しありったけの音を撒き散らして、観客の衝撃だけを残し去って行った。GREAT ADVENTUREの3人はライヴ会場を異空間へと変貌させ、そして日頃洋楽しか聴かないファンの心をもガシッとワシ掴みにしたのだ。
メンバー構成はYOSHIAKI NOMOTO(dr&vo&etc)、YUJI OTA(vo&g&etc)、KAZUTO TARUMI(b&vo&etc)で、3人とも多くの楽器を巧みに操る多才家である。彼らの露出が増えるに連れて、その日本人離れした英詞のヴォーカル・ワークや、パンク/オルタナ/ガレージ/ポップスなどをゴッタ煮にした形容不可能なサウンドに、中毒者がワンサカと続出。05年1月にはザ・ミュージックのオープニング・アクトを務め、これまた洋楽ミュージック・ファンのド肝を抜いた。そんな破竹の勢いに乗じて、05年2月には既発のインディー・アルバムに新曲をプラスした改装盤『GREAT & FUNKY-RESERVOIR EDITION』をメジャー・リリース。さらに05年11月には2ndアルバム『ROCKS』も発表。06年に開催される『SUMMER SONIC 2006』にも参戦が決定し、その“シンパ”は増加の一途を辿るばかりだ。Great Adventureはある意味で、素晴らしき野心家集団なんである。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版