> Grant Green

Grant Green

(グラント・グリーン)

あらゆる時代のトップ・ジャズ・ギタリストの中でも特に、グラント・グリーンは、ヒップ・ホップからアシッド・ジャズまで数多くのジャンルにおいて強い影響をもたらした。彼のファンキーなシングル・ノートのフレーズや反復を多用したダブル・ストップなブルースのスタイルは、聴けばすぐに彼とわかるものであり、そのような際立った音を鳴らすギタリストは他にはごくわずかしか存在しない。ルー・ドナルドソンやジャック・マクダフのサイドマンとしての初期の時代から、グリーンはお馴染みのスタンダード・ナンバーでさえも彼のリズミカルなプレイで常にグルーヴさせていたが、彼が最も輝いていたのは好きなだけ即興演奏できるライヴにおいてであった。60年代はじめのハード・バップ時代から70年代のレイドバックしたジャズ・ファンク時代を通じ、また彼のプレイを繰り返しサンプリングしてきた現代のア・トライブ・コールド・クエストなどのアーティスト達が彼のソウルフルなサウンドを何十年も経った今のリスナーに伝えてくれる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版