>  >  >  > Gil Shahamの情報

Gil Shahamの情報

(ギル・シャハム)

若きヴィルトゥオーゾという表現がこれほど似合う演奏家も稀である——デビュー当初からそう評されてきたギル・シャハム。有望な若手ヴァイオリニストが次々と出現している現代においても、常にその代表的存在としての地位に置かれている。艶やかな音色、若々しい叙情にあふれる演奏、そしてそれを支える超絶的技巧。どの面から見ても、彼がヴァイオリン界のトップ奏者であることが頷ける。
1971年、アメリカに生まれ、10才でデビュー。ジュリアード音楽院で学んでいた頃からすでに、アメリカ主要オーケストラ、ベルリン・フィル、パリ管、ロンドン響などと次々に共演してきた。世界中の批評家/指揮者/オーケストラから「真の天才」と認められ、共演の依頼が殺到している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版