>  >  >  > 柳ジョージ

柳ジョージ

(ヤナギジョージ)

ジャパニーズ・エリック・クラプトン。トレード・マークのストラトキャスターをむせび泣かせ、渋すぎる喉をふるわす。——日本のブルース・ロックの先駆け“パワーハウス”に始まり、“ゴールデン・カップス”を経て、自らのバンド“柳ジョージ&レイニーウッド”、そしてソロ・アーティストとして現在も活動を続ける大ベテランである。また、港町・横浜に生まれ育ち、米軍基地があった60〜70年代当時の横浜の匂いを体現する稀有な存在だ。
ヒット曲も多数。「祭ばやしが聞こえる」を皮切りに「雨に泣いてる」「酔って候」など、ブルースに根ざした“演歌ロック”の名曲を生み出す。その路線は現在でも変わることなく、頑固一徹ブルース道を歩んでいる。そんな媚を売らない姿勢が、オヤジたちの共感を呼び、数多くの信奉者を生み出しているのだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版