> George Jones

George Jones

(ジョージ・ジョーンズ)

若くしてハンク・ウィリアムズの音楽に心酔したジョーンズは、青春時代の大半をたばこの煙が立ち込める安酒場で演奏していた。その中で彼はエディ・アーノルドに負けないくらい多くの曲を、チャートの頂点に送り込む作曲スタイルを修得していった。カントリー界の多くの偉大なシンガー・ソングライターたちと同様、彼も自分が書く歌に自分自身の生きざまを込めてきた。アルコール中毒や離婚、麻薬に溺れたことなどさまざまな精神的な苦悩と闘いを通じて、放蕩の日々の物語や踏みにじられてきた人々の姿を伝えてきた。80年にプラチナム・ヒットとなった、すべての未亡人に捧げるアンセム・ソングー・ストップト・ラヴィング・ハー・トゥデイ」でヒット・チャートに派手な登場を果たした直後、ジョーンズは4番目の妻と結婚。これをきっかけに自分の生活を正し、その後、カントリー・ミュージック・ホール・オブ・フェイムに迎えられた。ヒット・チャートからはご無沙汰しているが、忠実なバック・バンド、ザ・ジョーンズ・ボーイズを従え相変わらず精力的にツアーをこなしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版