> George Clinton

George Clinton

(ジョージ・クリントン)

もし「アトミック・ドッグ」のサンプル使用料が毎回僅か5セントでも支払われていたら、ジョージ・クリントンは間違いなくリッチになっていたろう。彼の「アトミック・ドッグ」という名曲がヒップホップ界にもたらした影響は計り知れないほど大きい。
ファンカデリックやパーラメントなどの主謀者にして、スタジオ作業のパイオニア的存在でもあるクリントンは、スクリーミン・ジェイ・ホーキンズの荒々しいヴォーカル/ジミ・ヘンドリクスのサイケデリックなブルース/ジェイムズ・ブラウンのグルーヴ/スライ・ストーンのファンク・ロック/サン・ラーのアヴァンギャルドなサウンド……その全てを集結させ、サイケデリック・ファンク(Pファンク)なる新ジャンルを創り上げた。彼の高いミックス能力+感性によって生まれたこの斬新なミュージック・スタイルが、現在にいたる音楽シーンにどれほどまでに多大なインパクトを残したかは、もはや言うまでもないだろう。
しかし、「アトミック・ドッグ」が発売された当時、この曲のUSポップ・チャート最高順位がたったの101位だったなんて、今となっては信じられない事実である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版