>  >  >  > 割礼

割礼

(カツレイ)

名古屋のサイケデリック・シーンの代表格「割礼」。その歴史は古く、83年に宍戸幸司(g)が中心となって結成、前身バンドでは「割礼ペニスケース日曜日の青年たち」と名乗っていた。
インディ時代はパンク/ニューウェイヴ色の強いバンドであったが、時代が進むにつれ、歌をより重視したサイケデリックなサウンドに移行。1stアルバム『ネイルフラン』(89年)でメジャーに進出し、続く『ゆれつづける』(90年)は割礼史上、最高傑作といえる仕上がりになった。粘り気あるギター・カッティングを前面に押し出したノイズ色の強い演奏と、声を搾り出すように叫ぶヴォーカル——そこにゆったりとしたリズムを反復させ、かげろうのように不安定な妙を醸しだす。それはまるで酔拳のようにゆるやかでありながら、強烈な一発を浴びせてくれるのだ。
99年には新メンバーとして菅原賢(b)、松橋道伸(dr)を迎え、シングル「メルチカ」を発表。また近年、リーダーの宍戸は「ラジオ・バンド」を結成し、割礼と並行して活動を続けている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版