> Gastr Del Sol

Gastr Del Sol

(ガスター・デル・ソル)

シカゴ音響派の中核を担う2人、ジム・オルークとデヴィッド・グラブスによるユニット、ガスター・デル・ソル。
もともとはケンタッキー州のノイズ・ロック・バンドのバストロが発展したもので、メンバーであったグラブスとバンディ・ブラウン(後にトータスに加入)によって結成された。そして94年にオルークが加入してからは、グラブス&オルークの双頭ユニットとして再スタート。まるで過去と未来の時間軸がグチャグチャに交錯したようなアブストラクトなフォーク・ミュージックを志向し、96年には傑作『Upgrade & Afterlife』でシーンに静かなる衝撃を与える。98年にはラストにして歴史的名作の『Camoufleur』を発表。ポップと実験性の間を激しく振幅しながらも、オヴァルことマーカス・ポップが担当した音響効果により実にソフィスティケイトされたこの作品によって、彼らはマニアックな層だけでなく一般的なロック・ファンにまで名前を浸透させることに成功した。以降、2人はソロ・アーティストとしての道を歩み、音響派の重要作を次々に発表することとなる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版