>  >  >  > Freddy Fender

Freddy Fender

(フレディ・フェンダー)

テックス・メックスの代表的シンガー。とにかくティアドロップ・バラードを歌わせたら右に出る者はなく、哀愁がこぼれ落ちるような歌唱は男泣きに泣ける。
メキシコとの国境近くにあるテキサスのサン・ベニートという街に生まれたフェンダーはラテン系アメリカン人。芸名は大手ギター・メイカーに由来する。60年にデビューを果たし、ダグ・サームもカヴァーした名曲「Wasted Days and Wasted Nights」でいきなりの大ヒットを記録した。しかし直後にドラッグ所持により服役。出所後は辛酸をなめ、一時はスタジオ・エンジニアにまで身を落とすが、プロデューサー、ヒューイ・P・モーに出会い再浮上する。75年の「Before the Next Teardrop Falls(涙のしずく)」をきっかけに、次々とヒットを飛ばしメインストリームへ。テックス・メックス、スワンプ・ポップ、ケイジャン、カントリー、ロックなどをミックスしたボーダレスでユニークな音楽性はアメリカとメキシコ、両国で高い人気を誇った。90年代にはダグ・サームやフラーコ・ヒメネスらと共にテキサス・トーネイドスを結成し話題を呼ぶ。ロック・ファンにはライ・クーダーの「Across the Borderline」での名唱が忘れられないだろう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版