>  >  >  > フォー・セインツ

フォー・セインツ

(フォー・セインツ)

ビリーバンバンやブロード・サイド・フォーと並ぶカレッジ・フォーク・グループの草分け的存在。団塊の世代には忘れられないグループである。伝説的なラジオ番組『フォーク・ビレッジ』で実力派として注目され、68年のデビュー・シングル「小さな日記」が大ヒットを記録。フォークといってもいわゆる四畳半モノではなく、米国のキングストン・トリオやピーター・ポール&マリーなどに影響を受けたきわめてジェントルなポップス。このナンバーもストリングスをかぶせたソフト・ポップ仕様で、現代の耳で聴くとムード歌謡にしか聴こえない部分もある。
その後、レコード会社の移籍に伴い、グループ名をフォークロバースに変更し「冬物語」のヒットを飛ばすが、73年に解散した。元メンバーの荒木しげるは俳優、ダニー石尾はラジオDJとして活動している。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版