>  >  >  > Felix Mendelssohn

Felix Mendelssohn

(フェリックス・メンデルスゾーン)

ドイツ・ロマン派を代表する作曲家。付随音楽「真夏の夜の夢」、序曲「フィンガルの洞窟」、交響詩「イタリア」などの標題音楽にロマン派特有の絵画性も見られるが、彼の音楽の本質は古典的で、ヘンデル、モーツァルトの影響を受けている。その点を鑑みると「新古典主義者」と呼ぶにふさわしい。生涯は短かったが、驚くほど作品数が多く、しかも幅広い分野にわたっており、どれも旋律の美しさで名高い。
ユダヤ人の銀行家である父のもとに生まれ、14歳でオーケストラを買い与えられるほどの裕福な家庭に育つ。曲づくりは10代から始め、その環境の素晴らしさも手伝って、若くして多忙な作曲家となり得たのだ。また、指揮者としてもJ.S.バッハ「マタイ受難曲」をバッハの没後初めて演奏し、バッハ復興の端緒を開いている。その後、ライプツィヒのゲヴァントハウス管弦楽団の音楽総監督となり、このオーケストラの発展に努め、また指揮棒を使う指揮法を確立した。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版