>  >  >  > Eyehategod

Eyehategod

(アイヘイトゴッド)

ニュー・オリンズをベースに活動するEyehategod。ヴォーカリスト、マイク・ウィリアムスが創りだす、ブラック・サバスとブラック・フラッグを融合させ、ハードコアのグル−ヴに乗せたサウンドは、まさにスラッジ・コアといえるだろう。意識的に単調に歌うマイクの声は、ヴォーカルというよりも楽器の一部と化している印象だ。また、時折見せるグル−ヴ・ロック的アプローチは、ギタリストのジミ−・バウアーがレイナード・スキナード・ファンだかららしい。メンバーは課外活動でもその名を馳せており、マイクはメタル・マニアック誌の元ライター、ジョーイは自分で創ったアンダーグラウンド・ミュージックのカセットを販売、ジミ−はフィル・アンセモ(パンテラ)、ペッパー・キーナン(C.O.C)らとのユニット、ドーンに参加している。そして98年に一旦解散したが、00年には再結成している。病気の患部写真や、少女ヌード、さらには目玉をくり抜かれた聖母マリアなどが使用された不快極まりないジャケットにも注目。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版