>  >  >  > Ernest Ranglin

Ernest Ranglin

(アーネスト・ラングリン)

ジャマイカが生んだ最も多才なギタリストであり、スカの誕生の重要なキーマンとして活躍したアーネスト・ラングリン。50年代後半に、アメリカン・ジャズの影響を受けたジャマイカのR&Bバンド、ブルース・ブラスターズでシャッフル・ブギーをプレイしていた彼は、ギターのカッティングにひと呼吸の間を取り入れ、これがスカの独特なリズムに繋がったという。
その後、スカタライツに参加し、数々の名曲をレコーディング。そのかたわら、スタジオ・ミュージシャンとしてデューク・リードやコクソン・ドットらプロデューサーの元、ロック・ステディ〜レゲエまで多くのヒット作に貢献した。彼の素晴らしいサウンドにはウェス・モンゴメリーの影響が感じられ、またレゲエとジャズの融合に成功した世界でも数少ないギタリストであるといえよう。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版