>  >  >  > Erick Morillo

Erick Morillo

(エリック・モリーロ)

ホイットニー・ヒューストン/クリスタル・ウォーターズ/ジョセリン・ブラウン/ベースメント・ジャックス/マディソン・アヴェニュー/エンリケ・イグレシアスなどなど……、数えきれないほどのリミックスを手掛けたエリック・モリーロは、NYハウス界でデヴィッド・モラレスやロジャー・サンチェスといった重鎮と並び称される有力者だ。
ドミニカとコロンビアの血を引く彼は、12歳でDJ活動を開始。94年、レゲエ・ラッパーMark Quashieとのユニット”Reel 2 Real”で放ったラガ・ヒップホップ・ハウス(?)アルバム『Move It』がミリオン・ヒットを記録し、97年から98年にかけては、ロンドンの名門クラブ<Ministry Of Sound>でレジテンシーを務める。その後、レイヴの楽園・イビサにも頻繁に遠征。ハードなグルーヴに目が無いヨーロッパのパーティ・アニマルからも熱い視線を浴びる存在となった。彼が主宰する<Subliminal>は、ハウス・シーンにおいて最も信頼される巨大レーベルに成長。レゲエ/サルサ/ファンク/ディスコなどのルーツ音楽にドラムンベースやスピード・ガラージといった先鋭的なダンス音楽の要素を果敢に注入するモリーロのミックス・センスは、さまざまな人種が入り乱れる多民族ハウス・シーンでも随一である。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版