>  >  >  > 18 Wheelerの情報

18 Wheelerの情報

(エイティーンホイーラー)

グラスゴーってどうしてこんなに美メロを作れる人が多いんだろう?
ティーンエイジ・ファンクラブやBMXバンディッツとも交流がある、というかグラスゴー・サークルの一員、18ホイーラー。ラウドなディストーション・ギターとメランコリックかつスウィートな泣きのメロディ、そして美しいハーモニー・ワークという、まさにTFCスタイルを踏襲した2枚のアルバム『ツイン・アクション』(94年)、『フォーマンカ』(95年)を世に送り出す。と、ところが……97年にリリースした3rdアルバム『イヤー・ゼロ』から大幅に音楽スタイルが変化。な、なんとエレクトロニック・ミュージックに傾倒、あっけにとられたギター・ポップ・ファンを横目に見つつ、トリップ・ホップやブレイクビーツを取り入れたサウンドを展開する。しかーし、やっぱり美メロを卒業することはできなかったのだろう、ギターポップ時代からのメロディはそのまんま。それがデジタル・サウンドにのると妙な透明感と哀感が生まれ、再びリスナーの涙を誘うのであった。
『イヤー・ゼロ』以降音沙汰がないが、所属レーベル<クリエイション>が消滅した現在、一緒に心中するのだけは絶対にやめてほしい。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版