>  >  >  > EGO-WRAPPIN'の情報

EGO-WRAPPIN'の情報

(エゴ・ラッピン)

96年、中納良恵(Vo、作詞作曲)と森雅樹(G、作曲)により結成。以後、大阪を中心とした活動を経て、00年に発表された「色彩のブルース」で、キャバレー音楽やジャズ、大阪ブルースなど昭和の香りのする音楽にクラブ・サウンドの要素を取り入れたスタイルが話題となり、コアなリスナーやアーティスト、音楽関係者に絶大な支持を得る。
その翌年の01年には、映画『ピストルオペラ』(67年映画『殺しの烙印』の鈴木清順監督によるセルフ・リメイク)のオープニング・テーマにEGO-WRAPPIN’「サイコアナルシス」、エンディング・テーマにこだま和文meets EGO-WRAPPIN’「野良猫のテーマ」が使用され、さらにその名を広く轟かすことになる。また、同映画にも出演していた永瀬正敏の映画『私立探偵 濱マイク』の02年TVドラマ化に伴い「くちばしにチェリー」が主題歌に抜擢され、人気はお茶の間レベルにまで拡大される。
その後も、中納良恵のソロ・プロジェクトや森雅樹のDJ、各々他アーティストの楽曲への参加など、個々の活動も精力的に行いながら、彼らはさらに独自の進化/深化を遂げている。<強烈な個性>+<洗練>=最強ということを感じさせてくれる、数少ないアーティストである。また、ライヴ・パフォーマンスに大変定評のあるバンドなので、同じ時代に生きているなら一度はライヴを観ておいたほうが良い。

EGO-WRAPPIN'の記事
フジロック第三弾出演者発表 JAMES BLAKE、Ken Yokoyama、WANIMAら11組が追加に
中納良恵の快作『窓景』の音楽的背景とは? EGO-WRAPPIN'とソロのキャリアを振り返る
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版