>  >  >  > Eddie Rabbitt

Eddie Rabbitt

(エディ・ラビット)

ニューヨーク市ブルックリン出身。70年代に新しいタイプのカントリー・ミュージック・スターとして現れ、フックの利いたアーバン・ロックと伝統的なナシュヴィルの音色を組み合わせ、何億ものレコードをセールスした。腕利きのソングライターとしてカントリー・テイストを保ちながら、中部アメリカに「アイ・ラヴ・ア・レイニー・ナイト」や「エヴリー・ウィッチ・ウェイ・バット・ルーズ」といったメガ・ヒットでアピール。映画のバーでけんか騒ぎが起こるシーンでは2回に1度はジュークボックスからエディ・ラビットの曲が流れていたのではないだろうか。そして人生の晩年に当たる80年代後半、サウンドは伝統的な方向へと戻り、その結果ランキングからは落とされたが、まったく新しい世代のカントリー・ロッカーたちが後継者となった。エディ・ラビットは大都会から現れたカーボーイでありそれ以外のなに者でもない。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版