> Dusty Springfield

Dusty Springfield

(ダスティ・スプリングフィールド)

ブリティッシュ・ポップ・インベージョンがアメリカを席巻する中、ダスティ・スプリングフィールドは60年代の活気あふれるアメリカン・ソウルとヴォーカル・ポップを逆にロンドンに提供。洗練されたディオンヌ・ワーウィックやペギー・リー、とでもいえる彼女はティーンエイジ・ポップに気品をもたらした。静かに鳴り響くハスキーなその声は、ゴフィン/キングおよびバカラック/デヴィッドなどの作曲チームでフルに活かされる。アレサ・フランクリンのプロダクション・チームと共に、メンフィスでレコーディングされた傑作『Dusty in Memphis』は、南部テイストではなくアーバンな仕上がりに。1人のキャリアを要約するにベストなアルバムといえる。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版