> Dread Zeppelin

Dread Zeppelin

(ドレッド・ツェッペリン)

太り過ぎのエルヴィス・プレスリーそっくりなメンバーをフィーチャーした一風変わったグループは、伝説のロック・バンド、レッド・ツェッペリンをレゲエ・ヴァージョンでカヴァーして、一躍世間の注目を集めた。
バンド名に負けず劣らず、メンバーもおかしなメンツが勢ぞろい。前述のエルヴィスそっくりさんのヴォーカル、Tortelvisに加え、いずれも一筋縄ではいかない手ごわい奴らが集まった。何しろバンドの結成は、「Tortelvisの運転する牛乳配達車がバンドの車のおカマを掘ったのがきっかけ」なんて話がまことしやかに囁かれる始末。またデビュー・ライヴは、1月8日のエルヴィスの誕生日にひっかけたなど、逸話(?)には事欠かないグループなのだ。予想通り、マスコミは彼らに飛びつき、1stアルバムからのシングル「Your Time Is Gonna Come」、2ndアルバムからは「Stairway To Heaven」がヒット。聞くところによると、ロバート・プラントは彼らの登場を非常に面白がっていたらしい(エルヴィス財団は違ったようだが)。その後、数回のメンバー・チェンジが行われ、ディスコ・サウンドを取り入れた「It’s Not Unusual」などをリリースしている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版