> Donavon Frankenreiter

Donavon Frankenreiter

(ドノヴァン・フランケンレイター)

サーファーがミュージシャンとしてデビューしたということで話題となったドノヴァン・フランケンレイターは、72年カリフォルニア生まれ。幼い頃からサーフィンを始め、13歳にしてサーフィン・メーカーの大手<BILLABONG>とスポンサー契約を結び、全サーファーの憧れである試合に出場しなくてもお金がもらえるフリー・サーファーとなった。15歳でギターを手にし、18歳でバンドを結成。音楽は趣味の域にとどめていたが、30歳近くになって自らの声やスタイル、音楽に対する自信と才能に気付きデビューを決意。04年にジャック・ジョンソンのレーベルからアルバム『ドノヴァン・フランケンレイター』をリリースする。ウクレレやアコースティック・ギターをフィーチャー、サーファーらしいのびのびとした心地よいギター・ロックを展開しスマッシュ・ヒットを記録した。06年リリースの2ndアルバム『ムーヴ・バイ・ユアセルフ』では、ピースフルでハートウォーミングな雰囲気をそのままに、サーフ・ミュージックの枠を飛び越え、最高にグルーヴィーかつファンキーなバンド・サウンドを聴かせてくれている。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版