> Doc Scott

Doc Scott

(ドック・スコット)

強靭なダーク・コア・サウンドを続々と翻すドック・スコット。彼は、UKドラムン・べース界の中核を形成する重要人物だ。
14歳よりヒップホップDJを開始。80年代後期にアメリカから大量輸入されてきたデリック・メイやケヴィン・サンダーソンのテクノ/シカゴ・アシッド・ハウスに没頭し、80年代後期から90年代初頭にかけてイギリス全土のレイヴを渡り歩く。その最中、ファビオ、グルーヴライダーがレギュラーDJを務めた伝説のパーティ<Rage>に衝撃を受け、自らもドラムン・べースのトラックを制作。——それは、華やかなレイヴ時代の終焉と暗い現代社会を反映したかのような、極めてダークかつハードなサウンドであった。彼の経歴がもの語るように、デトロイト・テクノの美麗でエモーショナルなメロディと、ジョーイ・ベルトラムのメタリックなサウンドをそっくりそのまま高速ブレイク・ビーツ化した歪みきったタフなリズムが激突。音のインパクトもさることながら、音と音の広い隙間に横たわった無音も冴え渡る。
その後、シーンの急速な発展に貢献。今や、ゴールディが主宰するレーベル<Metalheadz>クルーのなかで最も突出した才能を発揮し、シーンの頂点に堂々君臨している。ドラムン・べース・シーンのさらなる進化の鍵はドック・スコットが握っていると言えよう。

Doc Scottの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版