> DJ TSUYOSHI

DJ TSUYOSHI

(ディージェイ・ツヨシ)

90年代初期のテクノ黎明期からDJを続け、今や日本のみならず全世界のトランス・シーンを代表する存在となったDJ TSUYOSHI。——ゴア/トランス・テクノのイメージが強い彼だが、近年は、生楽器を導入したバンド”Joujouka”による活動も繰り広げ、さらにオープンな音楽性を追求している。また、彼が主催するマンスリー・パーティ<Tokio Drome>では毎回、ケン・イシイをはじめとする多彩なゲストDJ/ミュージシャンを招き、自らも、トランス/アシッド/ミニマル/ハウス/ブレイク・ビーツといった、ありとあらゆるスタイルの楽曲をプレイ。それにより、ひとつのジャンルにとらわれない進歩的かつ自由なトランス空間を構築している。
00年より拠点をロンドンから東京に移し、ダンス・フロアに根ざした<Feedback Recordings>、フリー・スタイル志向の<Mad Skippers>と、2つのレーベルを立ち上げ、今まで以上に野心的なDJ/プロダクションを展開している。——21世紀の日本のクラブ・シーンを新しく塗り替えるのは、間違いなくDJ TSUYOSHIだ。

制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版