> DJ Slip

DJ Slip

(ディージェイ・スリップ)

95〜97年にかけて、アメリカの中西部で狂暴なアシッド・テクノが異常繁殖した。なかでもDJスリップは強烈な刺激臭を放つエレクトロニカを満載して、我々の前に姿を現したのである。狂おしい漏電シンセと奇怪に刻まれるビートで構成された毒々しい響きはドイツを中心に絶大な人気を博し、日本でも狂信的な信者を獲得。エレクトロからミニマル・テクノまで幅広いスタイルを手掛けたが、そこにはいずれも鋭敏な実験精神と、彼にしか操ることのできない魔力が潜んでいた。——テクノは往々にして、その地域独特の質感、色、形といったものが表れるのだが、スリップのサウンドには、シカゴ/デトロイト/ニューヨークの覚醒的な要素を吸い取った形跡だけがみられる。謎めいた存在だ……。

DJ Slipの関連ワード
制作協力:
OKMusic

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版